calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

profile

categories

archives

Twitterはこちら。

読書メーターも日々更新中。

babooconの最近読んだ本

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • by スポンサードリンク

「バフェットの株主総会」(新刊)

先週出版されたばかりのバフェット本最新刊のようです。 書店で見つけてソッコー買って読んでしまいました。 著者はジェフ・マシューズ。ヘッジファンドを運営するファンド・マネジャーで、 執筆しているブログhttp://jeffmatthewsisnotmakingthisup.blogspot.com/が人気の方のようです。 内容はというとタイトルそのままで(笑)、 ウォーレン・バフェット氏が会長を務めるバークシャー・ハザウェイ社の 2007年と2008年の株主総会の様子に参加した著者がその総会の様子を実況中継風に語るというものです。 バークシャー・ハザウェイの株主総会は毎年、会長のバフェットと副会長のマンガーが壇上に二人で株主達からの質問に何時間も答え続けるのが名物になっています。 この本では質問者達から繰り出される、投資哲学から人生の教え、はたまた物議を醸しかねない社会的な問題についてなど、様々な質問に対する、バフェットとマンガーの絶妙の受け答えをメインに描かれています。 質問に答える二人の記憶力や投資全般に関する深い知識、とっさの機転などに感銘を受ける一方で、 著者は質疑応答でバークシャー傘下の事業についての質問が一つも出てこないことへの疑念や、 初期の非保険事業子会社群の多くが衰退したり伸び悩んでいることから事業への再投資を抑えすぎてきたのではないかという心配、 そしてバフェット本人があまりに有名になりすぎ、バークシャーの投資成果や統治システム自体、 バフェットの能力や人望に拠る所があまりに大きくなっている為、 バフェット亡き後のバークシャーが求心力を失い、瓦解していくことへの懸念を投げかけています。 外からはなかなか知ることの出来ないバークシャーの株主総会の質疑応答の様子を垣間見ることが出来る、バフェット本としては新鮮な一冊でした。

バフェット本新刊

9月と10月に出版されたばかりのバフェット本2冊、購入して読んでいる最中です。 "THE SNOWBALL:Warren Buffett and the Business of Life" (Alice Schroeder) "Warren Buffett and the Interpertation of Financial Statements" (Mary Buffett & David Clark) "THE SNOWBALL"は元々バークシャー・ハザウェイをカバーしていた保険アナリストのアリス・シュローダー女史がかつてない詳細な調査を重ねて記述したバフェットの一代記のようです。 何といっても特徴はそのボリューム。本文だけで800ページ以上、索引などを入れると1000ページ近くあります!! "Interpretation of Financial Statements"の方は、「バフェットの銘柄選択術」「バフェットの教訓」で日本でも有名なメアリー・バフェットとデビッド・クラークのコンビの最新作です。 財務諸表を読み解いて、バフェットが好む「持続的な競争優位性」を持つ企業を見分ける術を身につける、という主旨のようです。 ・・・が、こちらは正直言って『微妙〜・・・』です。 まだ途中までしか読んでいませんが、「何を今更」という内容しか書かれていないんですよね・・・。 それに財務諸表に現れる数字は確かに重要ですが、 原因(競争優位性)と結果(財務諸表に現れる数字)をごっちゃにしてはいかんのでは?と思います。 もっと突っ込んだ内容を期待していただけに少し残念です。 【追記】 更に読んでいると、ちょっとショックな箇所が・・・・・・。 文中で掲載されているモデルのバランスシートが貸借対照していない!? °°(д ;) 誤植ではなく、貸借それぞれの科目の合計は正しいんですが、貸借の合計値がそもそも一致していないという・・・(汗) しかも一箇所ではなく作中全てでおかしい数値のまま引用されている。 かなり、やっつけ仕事だったとしか思えない不手際ですね・・・・・・

『バフェットからの手紙』第2版

ついさっき知ったのですが、 ローレンス・A・カニンガム氏編『バフェットからの手紙』(Pan Rolling社刊)に第2版が出ていたようです。 といっても、まだ原書のみですが・・・。 http://www.amazon.com/Essays-Warren-Buffett-Lessons-Corporate/dp/0966446127/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1220966301&sr=8-1 まだ原書も今年の4月に出たばかりなんですね〜。 買ってみようかと思ったんですが、今回は邦訳版が出るまで待つことにします。(たぶん、2年遅れ位かな?) 今回はもうちょっとマシな訳になりますように・・・。

発見2つ♪

今日は給料日だったので、資金を投資用口座に追加! とりあえず一つ指値注文を出してから、懐が暖かくなったので、久しぶりに長崎駅に遊びに行きました。 長崎駅ビルの書店は数ヶ月ぶりでしたが、一つ変化を発見。 投資本コーナーが見当たらない・・・? と思ったら、入り口から見えにくい、以前より1列奥の棚に移動していました。 ん〜〜、良い兆候ではありませんか??(笑) そしてその投資本コーナーでもう一つ発見。 『[新版]バフェットの投資原則 世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたか』 (ジャネット・ロウ著、平野誠一訳、ダイヤモンド社) 数日前に発売されたばかりのバフェット本でした。 10年前に出版された同名の著作に、それ以後のバフェット氏の発言や動向を追加したもののようです。 旧版は既に何度か読んでいましたが、図書館で借りてだったので、その場で買ってしまいました。 その後は長崎駅ビルでずっと過ごしましたが、回転寿司をたらふく食べたり、サーティワンアイスクリームを食べたり、満喫してきました(笑)

「ハリー・ポッターと死の秘宝」キタ━━(゚∀゚)━━!!

先ほど、ハリー・ポッターシリーズ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」がAmazonから届きました〜(>∀<)bイェイ!! 物語自体は原書で読み終えてるけど、やっぱり嬉しいじぇい♪

最近の読書

ここ2週間ほどは、主に"Harry Potter and the Deathly Hallows"を読んでいます。 去年の発売と同時に買ったというのは当時の日記にも書いたはずですが、「まだ読んでなかったのか」って突っ込まれそうです(^^; ここ1年あまりは投資やビジネス関連書籍ばかり読んできたので、小説などの読書はお留守になっていた感があります。 ただそれまでほとんどビジネス書などを読んでおらず、一気に知識を吸収した反動が来ているのか、ちょっと頭を休めてやった方がいいかなっと感じました。 また、来月23日に邦訳版「ハリー・ポッターと死の秘宝」が発売されるのでそれまでに原書で読み終えておきたいというのも、理由の一つです。 原書を再開するまで全体の6分の1ほどで止まっていましたが、この10日ほどで3分の2まで読み進みました。 この分なら、今月中には読み終えられそうです。 その他、最近読んだ本はP.F.ドラッカーの「実践する経営者」、「日本は甦る」、 そしてこの間日記に書いた「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」の続編である「美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?」などです。 ドラッカーの本は昔の発言でも古さを感じさせないものがありますね。でもなかなか難解なので、何度も読み直したい本です。 「美容院と〜」は、前作に引き続き管理会計の初歩について分かりやすく説いていました。

『ミセスB』

「最高経営責任者バフェット」を読み返していたんですが、ネブラスカ・ファニチャー・マートの創業者『ミセスB』ことローズ・ブラムキンの話は何度読んでも感動してしまいます。 ロシアで赤貧のユダヤ人の生まれから、移民して店を立ち上げ、正直さをモットーに全米最高の家具小売店にまで育て、104歳で亡くなる直前まで働き続けた波瀾万丈の人生。 思ったんですが、彼女の生涯を描いた映画を作ったら面白いんじゃないでしょうか? もし本当に制作されたとして当たるかどうかは分かりませんが、自分はぜひぜひ観てみたいですね。 『言葉の壁に苦しみながらも…決してあきらめず…誠実さと勤勉さで困難を打ち破った彼女の人生に…』 『全米が泣いた…』 …誰かキャッチコピー考えて下さい…orz

資金追加はしたものの。

昨日は給料日だったので、資金をイートレ専用預金に投入。 したのはいいですが、この間の購入で使いすぎたせいで CPは全体から見ればスズメの涙です・・・(T_T) 候補銘柄も結構下がってはいるけれど資金的に足りないので、 当分は静観しようと思います。 その間は、少し腰を落ち着けて候補企業の調査・分析に充てようかと。 (言うほど大したことは出来ませんが・・・) 今読んでいる“Common Stocks and Uncommon Profits”も大分読み進みましたが、読むほどに、投資する前に企業のことをよく調べ、理解しないといけないな、と感じています。

ハリー・ポッター最終巻

たまには株以外の話題でも…。 「ハリー・ポッター」シリーズの最終巻、"Harry Potter and the Deathly Hallows"がいよいよ7/21に発売されます。 僕は第五巻の「不死鳥の騎士団」から原書で読んでいて、今回はアマゾンで3か月前から予約していました(笑) 発売前にネタバレ情報が出回ったり、しかもその結末がハリーが死ぬ!?といった噂だったり、何かと騒がれていますが、もう今から楽しみで仕方ありません♪ 本が届いたら、読み終えるまで内容に関する一切の外部情報はシャットダウンでいきたいと思います!

| 1/1PAGES |