calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

profile

categories

archives

Twitterはこちら。

読書メーターも日々更新中。

babooconの最近読んだ本

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • by スポンサードリンク

映画「阪急電車」を観ました。

JUGEMテーマ:映画の感想 

昨日は映画「阪急電車」を観てきました。

原作はご存じの方も多いでしょうが、有川浩の同名小説

実在の路線、阪急電鉄今津線を舞台に、たまたま同じ電車に乗り合わせた乗客同士が少しずつ関わり合って、それぞれが抱えていた悩み事と向き合い、前向きな気持ちで歩み始めていく人間模様を描いた作品です。


※以下、ネタバレを含みますのでまだ小説も映画もご覧になっていない方はご注意下さい。
僕は昨年原作を文庫で読んだのですが、思いの外面白かったので、この作品が映画化されると知って楽しみにしていました。

 ただ、原作ありの映像作品というのは小説の映画化にしろマンガのアニメ化にしろ、原作のエピソードをイジったりオリジナルエピソードを付け加えたりされるのがあまり好きではないので、そこら辺はすこし心配だったのですが・・・。

初っ端の図書館カップル(征史とユキ)のエピソードがなかったことにされていた!(爆)

まあ、この2人は早々に下車していきますし、他の乗客との絡みも少なかったので、映画の尺の都合などからすれば思い切ってバッサリいったのは英断だったのかも知れません。

ストーリーの中心となる3人の女性の配役ですが、
結婚間近だった彼氏を寝取られ、相手の結婚式に”討ち入り”した翔子役は中谷美紀さん。
暴力男との付き合いにウンザリしつつも別れを切り出せないでいた女子大生のミサ役は戸田恵梨香さん。
夫を亡くした老婦人の時江役は宮本信子さん(この方だけはよく存知上げませんでした、汗)。

キャストを知った時は、翔子役の中谷美紀さんは原作から僕の抱いていたイメージからするとちょっと年食い過ぎなんじゃないの?と疑問でしたが(失礼)、なかなかどうして、自分を裏切った2人を呪う純白のドレス姿や、列車内で思わず嗚咽してしまうシーンなど、さすがの演技でした。

ミサ役の戸田恵梨香さんも地元兵庫県出身ということで関西弁は自然ですし、僕の中のイメージともぴったりでした。

また彼女は実写版「デスノート」でも弥ミサ(ミサミサ)役を演じているんですね。しかもミサミサも関西出身の設定(京都府)という・・・コレ絶対、キャストを決める人が狙ってやったでしょ(爆)

時江役の宮本信子さんも、孫娘に対してであってもはっきりという、凛とした時江のキャラをピシッと演じていらっしゃいました。

それ以外の登場人物も、圭一と美帆の田舎出身(?)純情カップルといい、悦子と漢字のわからない彼氏といい、甘酸っぱいエピソードばかりで・・・1人で観に行っていた我が身はモジモジしっぱなしでした。

小説では想像に頼るしかなかった阪急電車の路線の様子も実写でそのレトロな列車やほのぼのとした沿線の様子が色彩豊かに映しだされており、関西にはまるで縁のない自分でもどこか懐かしさをおぼえました。

気がつけば2時間、完全に作品の中に入り込んでしまっていました。

「阪急電車」という作品も期待以上に良く楽しめましたが、最近は読書をしながらウェブサイトをみたりiPhoneをイジったりと、つい「ながら」をしてしまいがちですが、携帯電話の電源を切って暗闇で作品に集中できる映画の良さを再確認した一日でもありました。

スポンサーサイト

  • 2015.08.31 Monday
  • -
  • 00:16
  • -
  • -
  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • by スポンサードリンク

コメント
ありゃりゃ 大変でしたね。 いままで、ゆうちょ以外での受け取りは経験してません。 ところで、昔は名義書き換えをしないと、配当金もらえませんでした。 書き換え手数料は、500円くらい取られたし。 いろいろあるけど、やりやすくなってることの方が多いかな?
  • プット (^∠ ^ ) /″
  • 2008/12/25 5:35 PM
プットさん 僕もこんなことは初めてでビックリしました。 もしかして、郵政民営化の影響で、これまで郵便局で取り扱ってきた業務の一部を行わなくなるとかって事なんでしょうか(単なる推測ですが)。 昔は色々手続きが面倒だったんですね〜・・・。 僕は生の株券を見たこともないです。 諸々の手数料も、1円でも払うのがもったいなくて銀行もあれこれ変えたりしてる位です。500円なんて信じられない(◎д◎;) ネット環境が金融分野にも普及して、かなり便利になってるのは間違いないですけど、未だに今回の様なアナログな(笑)面倒くささも残っているんですよね〜。
  • baboocon
  • 2008/12/25 6:41 PM
そうそう お腹の調子が悪いとか インフルエンザの可能性はないですか? 気をつけてください。
  • プット (^∠ ^ ) /″
  • 2008/12/25 6:50 PM
こんばんわ。お久しぶりです。 >三菱UFJ信託銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行の3行になっているためだと。 >いやー、いつから変わっていたのか・・・知りませんでした。 >先月と今月の初めに別の銘柄の配当を受け取った時はゆうちょ銀行で出来たのに・・・。 わかりますわかります!! エイジスもそうでした!!  エイジスの場合は三井住友銀行があったかな? >ゆうちょ銀行で現金受取り出来ないというのは田舎の住人にとっては結構痛い(><) 関東の人なら結構どこにでもあるのかもしれませんが、九州では上記3行は少ないですよね 「いろんな地域の人がいるんだから、配当金は全国網羅に近いと思われるゆうちょ銀行へ是非!!」 ・・・とIRへ電話したる!!と思ったことを今思い出しました。(^^)
  • red_jinx
  • 2008/12/25 8:04 PM
プットさん インフルエンザですよね・・・僕も最初は心配したんですが、 今の所は大分持ち直しているのでインフルエンザではなさそうです。 でも予防接種を受けていないので、油断しているとまたヤバそうですよね・・・。
  • baboocon
  • 2008/12/25 11:18 PM
red_jinxさん、お久しぶりです。 やはりSHOEIだけではないんですね〜。 しかし株式名簿管理人が同じでも銘柄によって取扱銀行も微妙に違う・・・。 そういえば僕はSHOEIは今回初めての配当受取りだったんですが、 去年から郵便局での受け取りは出来なかったんでしょうか? そうだとしたら僕が知らないだけで、 元々郵便局で受け取れない会社もあったということになりますが・・・。
  • baboocon
  • 2008/12/25 11:28 PM
>去年から郵便局での受け取りは出来なかったんでしょうか? 郵便局で受け取れましたヨ。確か。 エイジスも去年まではそうだったと思うんですが 何か変わったのかなぁ・・・
  • red_jinx
  • 2008/12/26 1:15 AM
red_jinxさん なるほど、去年は郵便局で受け取れたんですね。 となるとやはり、ゆうちょ事業の一部移譲とかいった話なんでしょうか・・・。 そうだとしたら、投資家・株主が全く話を聞かされていないっていうのも酷い話です。 日本も米国のように最初から証券会社の口座に直接振り込まれる仕組みだったら良かったんですけどね〜。
  • baboocon
  • 2008/12/26 5:04 PM
こんにちは♪ クリスマスに 風邪ひいちゃったんですね! 調子はどうですか〜? baboocon さん、 インフルエンザの注射 やってないのー??? 痛いけど注射しなきゃ ダメだよぅ! 私は毎年やってるよ。 (*^−^)b この間 OLCの配当金 もらってきました♪ 配当金ってうれしいよね!
  • ちょこ
  • 2008/12/27 6:50 PM
ちょこさん、こんにちは。 注射は好きではないですけど、痛いのが嫌というより面倒くさいので、高校や大学受験の年以外は受けていません…(^^;ゞ OLCからの配当金をもらったんですね。 企業が稼いだお金を株主に分配してくれる配当金は本当にありがたいですね。
  • baboocon
  • 2008/12/28 9:57 AM
はじめまして。
わたしも、図書館カップル(征史とユキ)の話がカットされているのが残念でしたが、阪急電車のホームページを調べてみたらネットドラマとしてつくられているのをみつけました。
ちょっとキャストがいまいちですが、もうひとつの阪急電車のドラマとしていい感じのつくりになっています。

http://lismo-drama.jp/
日月さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

おお、ネットドラマで二人のエピソードが?!それは知りませんでした。今ちょっと出先なのでリンクをみることができないのですが、後でみてみようと思います。

映画本編で描ききれなかったエピソードをネット上で公開するとは、時代も変わったなあと…感じます(笑)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック